韓国わがまま・オーダーメイド旅行サイトへようこそ!
韓国旅行・韓国ツアー・韓国観光の現地ガイド・個人ガイド

韓国旅行・韓国ツアー・韓国観光の現地ガイド・個人ガイド - マンツーマンツアー  (韓国わがまま・オーダーメイド旅行サイトへようこそ! 韓国旅行・韓国ツアー・韓国観光の現地ガイド・個人ガイド)


ツアー情報
コンテンツ詳細検索
観光スポット
韓国ドラマロケ地
体験&遊ぶ
グルメ
ショッピング
韓国エステ
韓国ドラマ
韓国旅行満足現地ツアーガイド(株)マンツー会社紹介
QR CODE
韓国をはじめとするアジアのエンタメ情報(芸能・シネマ・ミュージック・ドラマ)を配信します。
お客様が作る楽しいひと時!!!!お客様のフォトギャラリー
お気に入りに追加
韓国の天気
予約のお問い合わせ
>営業時間
平日 : 10:00 ~ 18:00
土曜 : 10:00 ~ 14:00
日曜日と祝日は休業
>電話番号
+82-2-793-5636
(日本語相談可能)
FAX: +82-2-793-5637
>緊急電話(24時間)
+82-10-6462-5636
韓国のアーティストたちの韓国旅行レポート
【韓国旅行・ソウル旅行の現地ツアーガイド・マンツーマンツアーの紹介】
お客様のわがままを120%積極的に取り入れてご案内致します。現地ツアーはガイドの腕次第で一味も二味も違うもの。マンツーマンなら皆様の韓国旅行を必ず ご満足・満喫頂けることをお約束致します。
免税店案内
ホーム > 観光スポット > 王朝時代の遺跡 > 雲峴宮(ウニョングン)
王朝時代の遺跡
 
雲峴宮(ウニョングン)
古きよき香りに満ちた伝統文化の通りである仁寺洞(インサドン)のすぐ近くにある雲峴宮は、高
宗(コジョン;朝鮮王朝第26代王、1852~1919、在位期間1863~1907)の父、興宣大院君
(フンソンデウォングン)の私邸。高宗が生まれてから即位する12歳までを過ごした場所でもあり
ます。
もともと朝鮮時代の一般上流邸宅にすぎなかったこの建物は高宗が王位になるとともに規模を
大きく拡大し建物も新たに建てられ、興宣大院君が10余年間実権をその手に握って執政する場
所に様変わりしました。

わがままツアーの正式予約時に一緒に申し込みすれば、 観覧料のみでのスケジュールに合わせてご予約から閲覧までにご案内いたします。

わがまま・オーダーメイド旅行・ツアー相談・無料予約サービスわがまま・オーダーメイド旅行・ツアーの正式予約お申し込み書

興宣大院君(本名:イ・ハウン(1820-1898)の生存時には、148坪の敷地内に建物6棟(本体5棟、廊下1棟、総414坪)が建てられ、他の王宮に匹敵するほどに荘厳だったと言われています。
現在では昔に比べて規模もかなり縮小されてしまいましたが、朝鮮時代後期の雲峴宮は、興宣大院君の政治活動の本拠地として、当時の最高権力者たちが集まり熱い議論が交わされた場所として重要な役割を果たした古宮です。 雲峴宮(史跡第257号)
興宣君の私邸が雲峴宮としてよばれたのはなぜ?

興宣君の私邸が雲峴宮として呼ばれたのは1863年12月9日、興宣君を興宣大院君に、夫人の閔(ミン)氏を府大夫人という爵号を与える教旨(辞令)が下された時からです。
雲峴宮という名前の由来は、当時雲峴宮の北側に大きな峠があり、その峠の上にはいつも雲が、また峠のふもとの方にも霧がよく出ていたことから雲峴宮と呼ばれるようになったと言われています。
現存する雲峴宮の建物は、格式や規模からみて宮室の内殿建築に近い。平面的に見える特徴は、それぞれの建物の東側を南北に横切る「月廊」で連結させた点から由来するものということができます。
昌徳宮から高宗が気軽に出入りできるように、敬覲門(キョングンムン)が設置されていました。また興宣大院君の専用門である恭覲門(コングンムン)もありましたが今はふたつともありません。
二老堂(イロダン)
別堂である二老堂は外から直接の出入り口がない極めて閉鎖的な「口」字形をした建物である。老樂堂と廊下で繋がれているだけの、内密な建物でした。
二老堂は興宣大院君の妻である府大夫人(プデブイン)、閔(ミン)氏が住んだ所で、明成皇后(ミョンソン ファンフ)が宮中に入る前、ここで宮中作法を習いました。
老安堂(ノアンダン)
老安堂は全体的に「丁」字形の建物で、興宣大院君が国政を議論した所です。老樂堂は雲峴宮で一番規模が大きく中心となる建物で美しい窓の格子模様が残っています。
興宣大院君(フンソンデウォングン)の生存時、政治政策の議論が多く交わされた建物がこの老安堂(ノアンダン)です。老安堂は、その名のとおり、『老人を安らかに』という意味がこめられていて、論語からとったものだと伝えられています。
老楽堂(ノラッタン)
雲峴宮(ウニョングン)の中心的な建物がこの老楽堂(ノラッタン)で、高宗皇帝(コジョン ファンジェ)と明成皇后(ミョンソン ファンフ)の嘉礼(ガレ)が行なわれたのも、やはりここです。朝鮮時代の両班(ヤンバン、朝鮮時代の貴族)達はだいたいこのような様式の家屋に住んでいたと言います。
守直舎(スジッサ)
雲峴宮正門の右側に位置し、雲峴宮の警備と管理を担当していた人々が詰めていた所。当時の雲峴宮は今より広かっただけでなく、高宗が王位に就き、興宣大王君が強大な権力を握った重要な場所で、王宮から派遣された警官や宮殿を管理する人々が大勢いたそうです。

D/A/T/A
場所  地下鉄3号線 安国駅 4番出口から徒歩で2分
電話番号   02-766-9090、9094
開園/館時間
3月 9:00 ~ 18:00(入場は17:30まで)
4~10月  9:00 ~ 19:00(入場は17:00まで)
11月~2月    9:00 ~ 17:30(入場は16:30まで)
休日  毎週月曜日(ただし祝日と重なった場合は開館)
入場料  *価格はお問い合わせ下さい。
日本語ガイド  無し
 
 
わがまま・オーダーメイド旅行・ツアー相談・無料予約サービス わがまま・オーダーメイド旅行・ツアーの正式予約お申し込み書
韓国旅行・韓国ツアー・韓国観光の現地ガイド・個人ガイド - マンツーマンツアー
プライバシーポリシー 会社概要 アクセス アクセス 個人情報保護 個人情報保護 サイトマップ サイトマップ お問い合わせ お問い合わせ
本サイト(m2mtour.com)の文書及び写真を許可なく複製することを堅く禁じます。
日本直通・携帯電話番号: +82-10-8340-2873(韓国内では:010-8340-2873)
Copyright(C)2010 韓国旅行・韓国ツアー・韓国観光の現地ガイド・個人ガイド-マンツーマンツアー. All Rights Reserved
QUICK LINK ツアー
正式予約

旅行相談
↑ TOP